English and Gearman speaking staff
Important announcement
三星園的安全宣言
クレジット決済が可能です
facebook
神戸・レーブドゥシェフとのコラボレーション

おいしいお茶の淹れ方

お茶はわれわれ日本人の暮らしの中に、深く根をおろしています。

とりわけ宇治茶は、食生活の向上とあいまって、日頃の暮らしの中にいこいとうるおいをもたらすものとして、欠くことのできないものです。

800余年の歴史と伝統を誇る宇治茶は、この長い歴史の中で高級茶づくりの技術をはぐくみ、日本緑茶の最上級をきわめ、ゆるぎない名声を博しております。

茶づくりに恵まれた気候風土に加え、宇治茶を支える多くの茶生産者や茶業者の優れた技術とたゆまぬ努力があいまって、その地位を確固たるものとしていることは、全国及び関西茶品評会での度重なる産地賞や農林水産大臣賞などの獲得が如実に物語っています。 

玉露

量目3人分 大さじ軽く2杯(約10g)
湯温50℃  沸き上った湯をさます。
茶器小ぶりの玉露茶碗 湯ざまし
時間約1分間待つ 

※参考

  1. うま味の成分であるアミノ酸は、比較的比較的低い温度40℃で溶けはじめる。
    渋味のタンニンは高温の80℃で溶け込む。湯を冷ますことにより渋味をおさえうま味を引き出す。
    熱い湯でさっぱりとした飲み方もできる。
  2. 交互につぎ分けることによって、平均した量と濃さにする。 

煎茶

量目3人分 大さじ1杯(約8g)
湯温約80℃ 沸騰した湯をポットに入れたものが適温です。
時間約40秒待つ 

※参考

  1. うま味、あま味、渋味の調和したさわやかな香り高い、さっぱりとした味を尊びます。
  2. 最後までしぼり切る。
  3. 交互につぎ分けることによって平均した量と濃さにする。
  4. 新茶は煎茶の入れ方に順ずる。 

抹茶

量目1人分 茶杓で軽く1杯半(約2g)
湯温たぎりのしずまっている程度の熱湯
湯量約80cc

※参考

  1. 抹茶の入れ方については、各流儀が作法を確立されているが自由に楽しんでもらえればよい。 

番茶・焙茶・玄米茶

量目1人分 大さじ2杯(約10g)
湯温熱騰
茶器どびん又は大きめの急須 大ぶりの茶碗
時間10~15秒

※参考

  1. さっぱりとした香ばしい、たん白な味を楽しむ。
  2. 茶葉の入っているどびんからべつのどびんにうつしかえることによって最初と最後の濃さを平均にする。